保険ガイド(生命保険)が役に立つ!人生を左右する保険料・生命保険選びの比較!

保険料!役に立つ保険ガイド!失敗談から学ぶ生命保険選びの比較・検討!
保険の事をもっと真剣に考えてみませんか?そこには驚きの真実が!
スポンサードリンク






スポンサードリンク

東日本大震災の地震被害、住宅ローン及び住宅再建についてのアイデアを提案・・・!

2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

今回のように地震による被害を被った場合の住宅ローンの取り扱いやその対応・対策についてご紹介します。

♪詳しい内容はこちらから・・・!

↓↓

被災地の復興と住宅再建についてのアイデア構想。
このたびの震災で、被災地によっては町ごとすべての建物や施設が崩壊消滅した。
現在、住民は避難をしているが、多くの人はいずれ元の場所に戻って住宅を再建することになる。

♪このアイデア構想についての詳細はこちらから・・・!

↓↓

保険ガイド(生命保険)が役に立つ!人生を左右する保険料・生命保険選びの比較!
posted by hokengaid at 10:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地震保険・火災保険

東日本大震災に学ぶ!家屋倒壊・津波・火災もしもに備えて、地震保険の内容は・・・!?

東日本大震災!では多くの家屋が倒壊し津波にのまれ、火災で消失した。
もしもに備えて、地震保険の内容は・・・!?
↓↓
これらの損害は地震保険でしか保障されないが、全国の世帯加入率は23.0%(2009年度末、損害保険料算出機構調べ)。
特に九州は長崎県10.2%、佐賀県13.5%と低調で、福岡沖地震を経験した福岡県も26.1%。
もしもに備え、地震保険について今一度検討してみませんか・・・!?
1:地震保険は1966年、法に基づいてできた。
政府と損保会社が共同で運営する公共性の高い保険で、損保会社が異なっても保障内容は同じだ。
建物と家財の被害を補償し、火災保険とセットでないと入れない。
2:対象は、一戸建てやマンションなどの居住用建物。
3:保険料は、木造か非木造か、さらに地震多発地域かどうかで異なる。
4:肝に銘じておかないといけないのは、「全損」認定を受けても再建費用が丸々支払われるわけではないこと。
>>火災保険契約額の50%が限度!セット加入が条件!

↓↓

保険ガイド(生命保険)が役に立つ!人生を左右する保険料・生命保険選びの比較!
posted by hokengaid at 07:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地震保険・火災保険

暮らしを支える為に「地震保険」!地震保険は、被災者の生活を支える保険です・・・!

今日2011年1月17日は阪神淡路大震災から16年目。今一度この機会に地震について考えてみましょう。
世界で起きたマグニチュード6以上の自身の約20%が日本で起きています。
img025.jpg
*気象庁のデータ(1990〜2009年)を元に日本損害保険協会にて作成!

日本の陸地面積は全世界の約0.3%。それにもかかわらずマグニチュード6以上の地震の約20%が日本で起きています。
世界地図に震源を書き込むと日本が見えにくくなるほどです。
↓↓
地図を見れば一目でわかる、日本は「地震多発地帯」。
地震が起きた後の暮らしについても考えてみてください。地震保険は、被災者の生活を支える保険です。
>>政府と共同で運営!
地震保険は、法律に基づき政府と損保保険会社が共同で運営している保険です。
大地震発生時の保険支払いに備え、政府がバックアップしています。
>>地震保険料の控除!
地震保険料の一定額が所得から控除され、税制上のメリットが受けられます。
・地震保険は地震・噴火・津波による損害を補償します。
・対象は居住用の建物と家財で、それぞれ契約する必要があります。
・契約金額は火災保険の30%〜50%の範囲内で、建物は5000万円、家財は1000万円までとなります。
・建物の面積・耐震性能に応じて保険料が10%〜30%割引になります。
↓↓
暮らしを支える為に。=地震保険=に加入を!

尚、ホームページで地震保険料の試算ができます

↓↓

保険ガイド(生命保険)が役に立つ!人生を左右する保険料・生命保険選びの比較!

posted by hokengaid at 09:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地震保険・火災保険

火災保険の41%が加入「地震保険」危機管理意識の高まりが!?・・・

損害保険料算出機構は21日、・・・06年度の地震保険の加入率の全国平均が41.7%と前年比1.4ポイント上昇し、4年連続増加したとの発表をしました。
都道府県別では、・・・加入率50%超の県が前年度の5県から9県に増え、危機管理意識の高まりを示したと。
◎地震保険は、火災保険とセットでなかればならない。
加入率は火災保険加入者の内、地震保険にも加入した割合を示す物です。

最も加入率が高かったのが、高知県の69.2%。2位は愛知県で62.7%、3位は宮城県の58.4%で、昨年と同じ。
伸び率が最も大きかったのは、徳島県だった。大規模地震の想定地域の都道府県で加入率が高く、伸びも目立った。

一方加入率が最も低かったのが長崎県の21.9%で、次いで富山県の22.6%、長野県の23.9%だった。

04年と07年、今年7月に地震に見舞われた新潟県は39.9%と、今年3月に地震のあった石川県は26.3%は共に5年連続で全国平均を下回った。
また、・・・東京都も41.2%で初めて全国平均を下回った。


保険ガイドが役に立つ!人生を左右する保険選びの比較!
posted by hokengaid at 09:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | 地震保険・火災保険

地震大国日本!?地震・台風・自然災害!各種保険について今一度見直してみませんか?・・・

戦後日本の各地で台風災害地震が起きています。
昔から、「地震・雷・火事・おやじ」という言葉を聴いたことがありますが、・・・
それだけこの言葉に関する被害の恐ろしさを示唆しているんでしょうが、・・・
地震について見てみますと、

ここ数十年をとってみましても、1995年の阪神淡路大震災をはじめ、・・・
北海道南西沖地震、新潟県中部地震、福岡県西方沖〔福岡県北西沖〕地震、能登半島沖地震、など・・・
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/higai/higai1996-new.html

そして今回又、
3年前と同じ新潟県で、・・・「新潟県中越沖地震」が起きました。

地震の度に言われるのが、耐震強度、耐震補強、地震保険、が叫ばれます。
耐震診断を受けるようにとの話も聞きますが、まさか家は、前回地震にあったからもう来ないだろうと、?・・・

地震の被害に遭った家屋は従来からの古い日本的な瓦葺の屋根を持つ木造建築が被害に遭っています。

そして死亡などの被害に遭われているのが高齢者を中心に、・・・

今一度地震災害、台風災害、などの自然災害に対する備えを見直しておきましょう。


保険ガイドが役に立つ!人生を左右する保険選びの比較!
posted by hokengaid at 09:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | 地震保険・火災保険

地震保険料!全面改訂が10月から実施の方針が決定。

地震保険!・・・
地震や津波など天災で被害を受けた建物や家財を補償する保険。
補償は建物5000万円、家財1000万円までで、・・・
火災保険とセットで加入する必要がある。
大規模災害に対応するため、政府が再保険の形で保険金を最終的に負担する。
保険料は損害保険料率算出機構が算出した基準料率で決まり、・・・
地震発生の可能性に応じ、都道府県や建物の構造で異なる。

地震保険料の全面改訂が10月から実施されるのですが・・・
保険料は各社共通で、都道府県別。全国平均で7.7%(木造9%、非木造5%)下がるが、・・・
東海・東南海・南海地震などの影響を受ける14道県は最大30%高くなる。
地震保険料の全面改定は1966年の発売以来始めて。

■地震保険を知ろう・・・(日本損害保険協会!)


保険ガイドが役に立つ!人生を左右する保険選びの比較!
posted by hokengaid at 14:05 | 地震保険・火災保険

火災保険加入者は、地震保険にも入っておくことををおすすめします。

今年2007年も3月に起きてしまいました。地震が!・・・
石川県能登半島沖地震。M6.9で震度6強の地震が・・・
日本列島、どこでいつ地震が起きるかほんとうにわかりません。
今回の震災地域も古い建物が多くしかも地震保険に入っていない家が多かったと聞きます。

実は地震保険も火災保険に加入しておれば金額もわずかで加入することができるのですよ。

自分ところは大丈夫と思いがちですが、・・・
これを機会に保険加入を見直してみてください。
平成18年からは、地震保険もの控除の対象になりました。

■ 「H18年度税制改正」7〜地震保険料控除
H18年度税制改正シリーズ7回目は「地震保険料控除」です。
近年、新潟中越地震や福岡西方沖地震など、大きな被害を伴う地震の発生が相次いでいます。
今回の税制改正では、地震災害による損失への備えに対して、
国民の自助努力を支援しようと、「地震保険料控除」が創設されました。
ただし今回の創設にあたり、従来の損害保険料控除は段階的に廃止されますので、注意が必要です。

地震保険料控除」は所得税:H19年分以後、個人住民税:H20年分以後から適用されます。

保険ガイドが役に立つ!人生を左右する保険選びの比較!
保険ガイド!保険見直しのお手伝いを!・・・
posted by hokengaid at 18:06 | 地震保険・火災保険
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。