保険ガイド(生命保険)が役に立つ!人生を左右する保険料・生命保険選びの比較!

保険料!役に立つ保険ガイド!失敗談から学ぶ生命保険選びの比較・検討!
保険の事をもっと真剣に考えてみませんか?そこには驚きの真実が!
スポンサードリンク






スポンサードリンク

損害保険に暴排条項を導入、関係判明なら解約も・・・?!

損害保険の大手各社が火災保険車両保険損害保険などの保険約定に、契約者が暴力団など反社会的勢力とかかわりがあることが判明すれば契約を解除したり、保険金の支払いを拒否したりできる「暴力団排除条項」を導入する方針を固めたことが分かった。
↓↓
保険ガイド(生命保険)が役に立つ!人生を左右する保険料・生命保険選びの比較!
posted by hokengaid at 06:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

県民共済からの平成23年4月1日からの制度改革、一体どんなふうに変わったの・・・!?

県民(ケンミン)百科からのお知らせ!
県民共済からの平成23年4月1日からの制度改革、一体どんなふうに変わったの・・・!?入院保障がさらに手厚くなりました。
↓↓
A:時代状況に合わせた制度改革!
平成23年4月1日、県民共済の保障が改善されました。
今回の改善は、医療技術の進歩などで、このところ短期入院が増えている時代状況を踏まえ、
皆様なおご要望にお答えするものです。
総合保障型」の入院は、h医が選り入院を含む入院1日目からの保障にしました。
総合保障型に付加する「医療特約」では、入院日数にかかわらず「入院一時金」をお支払いします。
↓↓
・・・制度改善で「総合保障2型」+「医療特約1型」は、より幅広く頼れる補償になりました・・・

↓↓

保険ガイド(生命保険)が役に立つ!人生を左右する保険料・生命保険選びの比較!
posted by hokengaid at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

生命保険料はどのようにして決まるのでしょうか!?・・・

生命保険とは?・・・
身内の不幸によって困る人がいる。その経済的な負担を補うものが生命保険です。
当然、死亡する人の割合を調べて保険会社が儲かるように保険料を設定してあります。
時代が進み、今では病気やケガに対するリスクや長生きに対するリスクなどの保障サービスも増加してきました。

生命保険と言うのは売る側(生命保険会社)にとって計算された商品です。カンタンにく言うと「宝くじ」としくみ、考え方が同じです。
宝くじを購入して、ハズレた人は1円たりともお金がもらえません。逆に当選者のみに1億円とかの金額が払われます。この当選者のお金(1億円)は宝くじの購入者から集まったお金ですねっ!
生命保険とは宝くじと同じようなものだと思っていてください。条件通りの事が起こらなければ掛け金は払い損になります。

この掛け金の内訳としては、一部は保険会社が経費として使い、一部は保険会社の儲けとなります。そして、もう一部は不幸に見舞われた生命保険に加入している人の保険金になります。
ここで、どのように生命保険料が決まるのか見てみましょう!
生命保険の保険料は以下の3つによって決まります。

1 予定事業費率

生命保険会社の運営費や生命保険会社の儲けになる部分です。

2 予定死亡率

1年間に何人死亡するかで決まります。

3 予定利率

どの程度運用できるかで決まる。

ちょっと一般の私たちには言葉が難しいですが、・・・
あまり重要なことではありませんので覚える必要はありません。生命保険は計算された商品ですが一歩踏み込んでみるとこのような3つの要因で保険料が決まっています。

保険ガイド(生命保険)が役に立つ!人生を左右する保険料・生命保険選びの比較!
posted by hokengaid at 16:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

生命保険とは!?「生命保険の歴史」・・・

生命保険とは?そもそも一体な〜に・・・

生命保険の元来の姿は「モノ」です。
ここで歴史を振り返ってみる事にしましょう!

まずは当時、・・・ヨーロッパの商人が中東やアジア、アフリカに出かけて行って現地で安く仕入れた香料や象牙などの品物を船に積んで持ち帰れば高く売って大儲けができる!

しかし、魅力的な話ですが嵐による難破などが不安です。
なぜなら無事に帰って来られる保障はないからです。
そこで、これに目をつけた別の商人が思いついたのがきっかけです。

「もし、難破などの理由で荷が失われた時は損害額を保障する。ただし、無料(タダ)では保障はできません。」

そこで、多くの貿易商人にこのような話を持ちかけて、多くのお金を集めます。
そして、荷を失った貿易商人に、約束どおりの金額を払いますが無事に帰ってきたら掛け金は返しません。

この約束のおかげで、貿易商人は安心して船を出せるようになりました。万が一、積荷が失われても損害はない。もちろん無事だと掛け金は損しますがそれ以上に儲かるのであれば双方にとってメリットのあるので、これほど便利なものはありません。

つまり、このようなしくみを「人間(ヒト)」い応用したのが生命保険になります。

保険ガイド(生命保険)が役に立つ!人生を左右する保険料・生命保険選びの比較!
posted by hokengaid at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。